名古屋大の別論文も撤回

データに誤り

2021/02/23 14:29

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 米化学会誌は23日までに、名古屋大トランスフォーマティブ生命分子研究所の伊丹健一郎教授らのチームの論文を撤回したと明らかにした。一部の実験データに再現性がなく、誤った内容も含まれているためという。1 …