原子を色分け、観察可能に

名城大・飯島氏ら新手法開発

2021/03/01 21:02

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 炭素材料「カーボンナノチューブ」の発見でノーベル賞候補に挙げられる名城大(名古屋市)の飯島澄男終身教授(81)らの研究チームは1日、原子から発生するエックス線を高感度で検出する装置と電子顕微鏡を組み …