学術会議、現行組織「望ましい」

報告書案、他形態検討は継続

2021/04/07 19:44

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 日本学術会議の梶田隆章会長ら幹部が7日、井上信治科学技術担当相と会談し、会議の在り方の見直しを巡る報告書案の素案を提出した。焦点となっている組織形態については、国の特別の機関である現行組織が最も望ま …