東電、放出処理水の濃度測定せず

規制委で妥当性議論へ

2021/06/10 16:48

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 東京電力は2年後をめどに実施する福島第1原発処理水の海洋放出で、処理水に含まれる放射性物質トリチウムの濃度を基準値未満にするために海水で薄めるが、放出前に濃度を測定せず、計算だけで基準を満たしている …