接種の情報管理で端末配布へ

国から自治体に4万台

2021/02/23 17:10

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 政府は、新型コロナウイルスワクチンの接種履歴をほぼ即時に把握する新たなシステム導入に関し、必要に応じて全国の診療所など接種会場に対して、比較的大きな画面をタッチし操作するタブレット端末を配る方針を固めた。4万台程度を見込む。政府関係者が23日、明らかにした。端末に付いているカメラで住民の接種済みの情報を読み取り、市区町村ごとの統計データを新システムに反映させる。

 市区町村側に事務増大への懸念がある中、機器を国が用意することで負担感を和らげ、接種情報の円滑管理につなげる。

 診療所など小会場が増えた場合、行き渡らない可能性もあり国として対応が必要と判断した。