日本の2作品は米アニー賞逃す

「ソウルフル・ワールド」が7冠

2021/04/17 20:18

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 【ロサンゼルス共同】アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる「第48回アニー賞」の発表・授賞式が16日、オンライン形式で開かれ、ウォルト・ディズニー傘下のピクサー・アニメーション・スタジオが手掛けた「ソウルフル・ワールド」が長編作品賞、脚本賞など7冠を獲得した。長編インディペンデント作品賞には日本の2作品がノミネートされていたが、いずれも受賞はならなかった。

 同賞の候補に挙がっていたのは「きみと、波にのれたら」(湯浅政明監督)と「音楽」(岩井沢健治監督)。「きみと、波にのれたら」は長編監督賞にもノミネートされたが、選ばれなかった。