裁判所書記官から職人に 会津木綿作りの技磨く 若松の庵原敦子さん

2020/05/23 10:01

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
裁判所書記官から職人になった庵原さん
裁判所書記官から職人になった庵原さん

 裁判所書記官などを約二十年務めた庵原(いはら)敦子さん(43)=会津若松市=は三月から、会津若松市の山田木綿織元で会津木綿の職人として働いている。第二の人生をものづくりに懸けたいと一念発起し、新たな …