福島民報社奨励賞 大椙食品 (棚倉) 手作業を貫き深い味

2019/03/14 16:46

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
心を込めて豆腐を仕上げる大椙社長
心を込めて豆腐を仕上げる大椙社長

一九〇一(明治三十四)年創業の老舗豆腐店。業界全体で機械化が進む中、手作業の工程を守り抜いている。熟練の感覚による絶妙な硬さ、繊細な味わいが人気だ。独自に開発した「青豆寄せ豆腐」は二〇一六(平成二十八)年の全国豆腐品評会東北大会で最優秀賞に輝いた。


 地元棚倉町のパン屋、菓子店と連携し、青豆豆乳パンや青豆豆乳シュークリームなど体に優しい商品を開発している。茨城県大子町の自然派レストランと共同で「とうふクッキー」を開発し、好評を得ている。


 二〇一八年七月には、町内の時計店、呉服店、そば店、文具店、石材店を経営する若手商店主と組み、インターネット上に通販サイト「奥州棚倉商店」を立ち上げた。それぞれの商品をPRするとともに、町の良さを全国に発信して商店街の盛り上げを図っている。


 豆腐の魅力を子どもたちに理解してもらおうと毎年、町内の小学校で豆腐作り体験教室を開いている。中学生の職場体験も受け入れ、豆腐店の仕事を伝える努力を続けている。


 五代目の大椙広社長(34)は「地域の小規模店の多くは苦境にあるが、負けることなく、こだわりの商品を提供して生き残る道を探していく」と意欲を語る。


■メ モ

▽設  立=1901(明治34)年

▽社  長=大椙広

▽従業員数=4人

▽住  所=棚倉町棚倉字鉄炮町16

▽電話番号=0247(33)3403