銀賞 桑折町振興公社(桑折) モモ6次化で地域活性

2019/03/14 16:43

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
モモの6次化商品を紹介する関係者
モモの6次化商品を紹介する関係者

特産品のブランド力強化などを通じて、地場産業の一層の振興を目指す。二〇一六(平成二十八)年、「献上桃の郷」が商標登録を受けたのを機にモモの六次化商品の開発・販売に乗り出した。果汁を使ったシャーベットやグミが人気を集める。地元産の酒米で仕込んだ純米吟醸酒も販売し、左党に好評だ。


 シャーベット「至福の桃ソルベ」は献上桃「あかつき」の果汁を75%使い、口に運ぶ前から甘い香りが広がる。おもてなしの心にあふれる商品を発掘し、国内外に発信する「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)2018」で特別賞の外国人選定員賞を受けた。


 町内の旧伊達崎幼稚園舎を改修し二〇一八年四月、農業振興活動拠点施設「レガーレこおり」をオープンさせた。「レガーレ」は「つながる」を意味するイタリア語。施設には本格ピザが味わえるレストランが併設され、農産物などを販売している。六次化商品の開発も続けている。同年十月に来場者が二万人に達した。


 理事長の高橋宣博桑折町長(61)は「自慢の産品を年間通して楽しんでもらい、町の魅力を広く発信していく」と目標を語る。


■メモ

▽設  立=1995(平成7)年3月

▽理事長=高橋宣博(桑折町長)

▽従業員数=23人

▽住  所=桑折町字北町26

▽電話番号=024(581)2790