鶴岡大使と懇談 浜通り高校生訪英団「経験を力に」

2019/08/14 08:28

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
鶴岡大使(左)と懇談する生徒ら
鶴岡大使(左)と懇談する生徒ら
川下りを通してケンブリッジの街並みを見学する生徒ら
川下りを通してケンブリッジの街並みを見学する生徒ら

【英国・ロンドンで山崎理史双葉南支局長】NPO法人ハッピーロードネット(広野町)の英国研修渡航団の高校二年生二十人は十三日午前(日本時間同日夜)、在英日本大使館を訪れ、鶴岡公二大使と懇談した。

 鶴岡大使は寛容さが英国の発展につながっていると紹介。「若い時は様々なことがよく見え、偏見なく受け入れられる。今回の経験を自分達の力にして下さい」と呼び掛けた。

 鶴岡大使に英国の都市と地方の格差について質問した伊藤結さん(16)=磐城高二年=は「英国も少しでも格差をなくそうと対策に取り組んでいることが分かった。将来は地域医療の分野で福島に貢献したい」と語った。


■川下り体験も

 十二日(日本時間同日午後)にはケンブリッジ大などを見学した。川下りなどを通して八百年以上の大学の歴史に触れた。日本酒の醸造所「堂島酒醸造所」も訪問した。大阪市の酒造会社が、日本企業として初めて欧州に建設した酒蔵で、酒造りに理解を深めた。