若者のU・Iターン促進へ 福島県 9月にバスツアー

2019/08/14 09:51

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 県はU・Iターンの促進に向け、三十歳前後の首都圏住民を対象としたバスツアーを九月二十一、二十二の両日に初めて催す。「ほぼ三十歳のふくしま修学旅行」と銘打ち、昭和村や会津若松市を巡り、都会の若者に県内での暮らしや魅力を体感してもらう。

 JR東京駅をバスで出発し、初日は昭和村の交流・観光拠点施設「喰丸小」やからむし工芸博物館、カスミソウ集荷・貯蔵施設などを見学する。築百五十年超の古民家を改修した宿に泊まり、郷土料理を味わいながら地域の住民と交流する。

 二日目は村内の原木シイタケ農家でシイタケ狩りを行う。会津若松市で果物狩りや芋煮会を繰り広げ、秋の自然や食文化に触れる。

 県内出身者や在住経験者、福島県に関心のある二十代後半から三十代程度を対象に二十人を募る。参加費は往復交通費を含めて一万五千円。専用ホームページから申し込む。問い合わせは福島観光自動車 電話024(944)7311へ。