ピアノ寄贈し演奏会 浸水被害、はと保育園に

2019/12/03 10:17

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
寄贈されたピアノを演奏する西村さん(右)
寄贈されたピアノを演奏する西村さん(右)

 いわき市のピアノショップいわきは二日、台風19号の影響で床上浸水の被害を受けた市内のはと保育園(坂本佳友園長)にピアノ一台を寄贈した。同日、ピアニストの西村由紀江さんが同園を訪れ、クリスマスソングなどを演奏した。

 ピアノは市内平下平窪で浸水した住宅から同店店長の遠藤洋さんが引き取り、弦を磨いたり、フェルトを交換したりして修復した。西村さんは「アンパンマンのマーチ」や東日本大震災発生後に作曲した「微笑みの鐘」などを披露した。園児は手をたたいたり、踊ったりして楽しい時間を過ごしていた。

 同園は台風で最大約三メートル浸水したほか、バスなどが水没した。十一月十一日に園児の受け入れを再開した。