風船? ドローン? 空に正体不明の白い球体 福島、仙台

2020/06/18 12:30

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
福島市上空で確認された風船のような白い球体=17日午前9時5分ごろ
福島市上空で確認された風船のような白い球体=17日午前9時5分ごろ

 福島市などの上空に十七日朝、「風船のような白い球体が浮かんでいる」と福島地方気象台や県北地方の警察署などに問い合わせが相次いだ。福島民報社が気象庁に取材すると、「気象台が揚げた物ではない。球体が何か分からない」と答えた。浜通りの一部や仙台市など宮城県内でも目撃されており、一つの球体が広範囲に移動したのか、複数なのか明らかになっていない。

 仙台管区気象台や福島地方気象台に、同日午前七時ごろから「早朝から浮かんでいるが、あれは何か」との電話が続いたという。球体は十字状の物をぶら下げているが、空中でほとんど動いていないように見える。

 国土交通省仙台空港事務所によると、航空法に基づく許可の申請はないとしている。宮城県警関係者によると、球体の高度は約二千メートル以上という。

 ツイッターでは「UFO?」「気球みたい」と話題になっている。未確認飛行物体(UFO)の目撃情報が多数寄せられ、UFOの里として知られる福島市飯野町にあるUFOふれあい館には白い球体についての見解を問い合わせる電話が相次いだ。