熊滑る 姿も浮かぶ 巨大滝 西郷「熊のすべり台」

2020/10/18 07:46

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有
巨大な一枚岩が雄大な滝の流れを演出している熊のすべり台
巨大な一枚岩が雄大な滝の流れを演出している熊のすべり台

 西郷村真船の雪割橋を越えた先にある「西の郷(さと)遊歩道」に、「熊のすべり台」の案内看板が立つ。川を流れる水の音が次第に大きくなるのを感じながら、うっそうとした森を進むと、高さ約十メートル、幅数十メートルに及ぶ巨大な一枚岩でできた滝が姿を現す。

 熊が滑って遊んでいそうなほどの大きさから、名付けられたとされる。水量で川の流れ方が変わるため、日によってさまざまな表情を見せる。モミジやカエデなどに囲まれており、今月下旬ごろからは紅葉も楽しめる。

 現地までは、急な階段や足元が滑りやすい場所がある。村観光協会は歩きやすい服装での来訪を呼び掛けている。問い合わせは協会 電話0248(25)5795へ。