郡山で2クラスター 事業所、高等専修校各6人 新型コロナ

2021/04/07 09:36

  • Facebookで共有
  • Twitterで共有

 郡山市は六日、市内の事業所で従業員六人、市内の私立高等専修学校の部活動で生徒六人による新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。市内で発生したクラスターは十六、十七例目となった。

 市によると、事業所では三日、五十代女性の陽性が判明した。市は女性と接触があった従業員を特定し、PCR検査を実施した。四日に五十代女性一人、五日に五十代女性一人、六日に五十代女性二人、六十代女性一人の感染が判明した。感染が判明した従業員はいずれも市内在住。一般の不特定多数の人との接触がある事業所ではないという。

 私立高等専修学校の部活動では四日、市外の十代男子生徒の感染が判明した。市が男子生徒と接触があった生徒を対象にPCR検査を行い、六日に市内の十代男子生徒五人の感染が判明した。

 六日に陽性が確認された計八人は、県が同日までに発表した感染者には含まれていない。